展示について

特別陳列のご案内

過去のイベント一覧
令和4年度春季特別陳列 ちらし
「茅渟縣陶邑と須恵器生産のはじまり―大庭寺遺跡出土品指定記念―」
会期:令和4年4月23日(土)~7月3日(日)
一般310円[250円]、65歳以上・高校・大学生210円[170円]
(中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方〔介助者含む〕無料
[ ]内は20名様以上の団体料金)
詳細はこちらから。

特別展のご案内

令和4年度夏季特別展 ちらし
「献ずる器ー横穴式石室を彩るものたちー」

会期:令和4年7月30日(土)~令和4年9月25日(日)
一般310円[250円]、65歳以上・高校・大学生210円[170円]
(中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方〔介助者含む〕無料
[ ]内は20名様以上の団体料金)

※詳細は、しばらくお待ちください。

近つ飛鳥ギャラリーのご案内

中島留彦染めもの展「纏う~いろ・がら・はいしょくをまとう~」

開催期間:令和4年6月15日(水)~6月19日(日)
会場:近つ飛鳥博物館 地階広場
主催:中島留彦展事務所

近つ飛鳥ギャラリーのご案内

ハルカムナカター宗像・沖ノ島から日本の信仰・文化をたどるー」

開催期間:令和3年11月20日(土)~
会場:近つ飛鳥博物館 地階広場
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会の広域連携のパネル展です。島根県立古代出雲歴史博物館・堺市・斎宮歴史博物館・静岡県富士山世界遺産センター・国立歴史民俗博物館、大阪府立近つ飛鳥博物館協力の企画です。

常設展示のご案内

ZONE1「近つ飛鳥と国際交流」 近つ飛鳥と国際交流
東アジアの国々との交流を深めながら、日本は古代律令国家への道を歩んでいきました。
展示品リストはこちらからご覧ください。
ZONE2「古代国家の源流」 古代国家の源流
仁徳陵古墳を頂点とする多くの古墳がつくられた時代に、日本古代律令国家の胎動が始まりました。
展示品リストはこちらからご覧ください。
ZONE3「現代科学と文化遺産」 現代科学と文化遺産
現代科学は考古学の調査や研究に大きな力を発揮しています。                
展示品リストはこちらからご覧ください。

>>館内の様子がグーグルマップでご覧いただけます。